ラケットあれこれ

バドミントンのガットの張り替え時期は?1カ月で切れるのは早い?

投稿日:

ある掲示板を見ていたら「1カ月でガットが切れたのでテンションを下げるか太いガットにしようかな。」と悩まれている方を見かけました。

ガットが切れてしまった場合は、当然ですがガットの張り替えを行わなければいけません。

ガットを張り替えるためにはガット張り機という専用のマシンが必要になります。

個人や部活動などでガット張り機を保有していればいいでのですが、ほとんどの場合はガット張り機を持っていませんよね。

その場合、ショップに頼むことになりますが、ガット代と張り代で2,000円程度掛かります。

そのため、しょっちゅうガットが切れてしまっては結構なお金が掛かってしまうため、中学生や高校生には大変なのでなるべく切れないようにしたいのは分かります。

ただ、ラケット.jpでは「ガットが切れやすいから」という理由でテンションを下げたり太いガットに変えるのはオススメしません。

今回は、通常どの程度でガットが切れるのか、ガットが切れやすい場合どうすればいいのかなどをご紹介します。




ガットはどの程度で切れるもの?

 ガットが切れやすいガットが切れにくい
ガットの太さ細い太い
テンション高い低い
プレースタイルハードヒッターコントロールプレーヤー
気温低い高い
練習量多い少ない

ガットの切れやすさは、様々な要素が絡み合って決まります。

上図のようにガットは太いよりも細いほうが、テンションは低いよりも高いほうが、プレースタイルはコントロールプレーヤーよりもハードヒッターのほうが、気温は高いよりも低いほうが切れやすくなります。

また、当然ながら練習量が多いほうがガットを張ってから切れるまでの期間が短くなります。

このようにいろいろなファクターがあるため、一概にどの程度で切れるから早いとか遅いとは言えないのですが、仮に週5日の練習をしている部活で1本のラケットで練習を行っていた場合、2週間~1カ月も使っていれば切れるものと思ってください。

状況によっては1週間で切れることも全くおかしく無いということを覚えておいてくださいね。

ガットの張り替え時期は?

calendar

ガットはいつ張り替えればいいの?と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

先ほどお伝えした通り、バドミントンのガットは長くても1カ月も経てば切れるものです。

そのため、ガットは基本的に練習や試合などをしていて切れた時に張り替えるというのが答えになります。

どうしても試合前にガットが切れそうで不安だという方は切れる前に張り替えるのももちろん構いません。

ただ、まだ使えるガットをわざわざ切って張り替えるのはお金も掛かってしまって勿体ないですので「いつ張り替えよう?」と悩んでいる時間があるのであればガットが切れるまで全力でスマッシュを打ち込むというのはいかがでしょう。

そうすればスマッシュも速くなるし、悩むこともなくなりますし一石二鳥ですよ。



ガットが切れやすい場合はどうするか?

ガットが切れやすい場合、ガットをなるべく切れないようにしたり、なるべくお金が掛からないようにするための方法はいくつかあります。

  1. ガットを太いもの / 耐久性のあるものに変える。
  2. テンションを下げる。(緩くする)
  3. グロメットが壊れていたら交換する。
  4. 200m巻きのガットを購入する。

この中でラケット.jpがオススメする方法は、「3. グロメットが壊れていたら交換する。」「4. 200m巻きのガットを購入する。」です。

1と2でもガットが切れる頻度は下がりますが、冒頭でもお伝えしました通り、これはあまりおすすめできません。

ガットはラケットと同じくらい重要なものですのであなたに合っていて使いやすいものをガットやテンションを変えて打ちづらくすることはバドミントンの上達の妨げにもなってしまうからです。

そのため、まずはこちらの「地味だけど重要なグロメット!定期的にチェック&交換してラケットを守りましょう!」でご紹介しているようにグロメットのチェックを行い、必要があれば交換してください。

ただ、グロメットはそんなに頻繁に交換するものではありません。

通常の場合は、もう1つの「200m巻きのガットを購入する。」ことがいつも使用しているガットでお金を節約できる方法になります。

KIZUNA 鋭技 Z66 200mロール

KIZUNA 鋭技 Z66 200mロール

通常は10mで1回分として販売されていますが、200m巻きのガット(ロール)は小分けにされていないため、ガットを張るために必要な分だけ切って使用することになります。

通常販売されている10mのガットは1回分として売られていますが、実際には10mまるまる使うことは無く、1mほど余ってしまいます。

200mの場合、1回分が10mで計算すると20回分しか使えませんが、200m巻きのロールの場合、余らすことなく効率的に使用できるため、22~23回分は使うことができます

また価格も200m巻きの場合かなりお得になります。

例えばYONEXの人気ガットであるBG66 ULTIMAXの場合、1回分の場合、1,300円+税ですが、200m巻きロールで20,500円+税となり、1回分に直すと932円(22回分で計算)となり、1回当たり400円弱も節約できます



最後に

今回のポイント

  • ガットは2週間~1カ月程度で切れるもの。状況によっては1週間で切れることも。
  • 節約のためにテンションを下げたり太いガットに変えるのは上達の妨げになる。
  • ガットがすぐ切れてしまう場合、グロメットのチェックをし、交換も検討する。
  • 200m巻きロールの購入を行うことで1回当たり数百円節約できるのでオススメ。

バドミントンのガットは太いものでも直径0.7mmととても細いので残念ながら長期間使うことは難しいです。

しかし、お気に入りのガットが決まっている場合、最初に掛かる金額は高いものの、1度ロールを買ってしまえば長期間使用できてお得なのでぜひロールの購入も検討してみてください。

22~23回分を一気に買うのは自分には多すぎるという方には同じガットを使っている仲間と共同で購入して分け合うというのも良いですね。

バドミントンはシャトルもガットも消耗品なのでどうしてもお金が掛かりますが、なるべく安く購入してお金の心配を少なくして練習に集中してくださいね。

ガットの選び方についてはこちらの「超重要なガットの種類について解説!ラケット同様にしっかり選びましょう!」でご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

336

336

-ラケットあれこれ
-

Copyright© ラケット.jp , 2020 All Rights Reserved.