初心者/中級者向けおすすめラケットラケット詳細検索

【バドミントン初心者向け】バドミントンのガットのテンションはどれくらいにすれば良い?

みなさんは、ガット(ストリング)のテンション(強さ)はどのくらいで張っていますか?

初心者の方の場合、最初にラケットを買ったときにガット張ってもらってから特に何も考えずにそのままにしているかもしれません。

せっかく素晴らしいラケットを持っていたとしても、バドミントンを快適にそしてあなたの力を存分に発揮するためにはラケットやガットの種類はもちろん、ガットのテンションもとても重要な要素となります。

そこで今回はおすすめのガットのテンションやテンションを決める上での考え方についてご紹介します。




ガットのテンションによるシャトルの飛び方

[table id=4 /]

同じガットを使用していたとしてもテンションによってシャトルの飛び方が変わります。

上の表のようにガットのテンションが低い(一般的に「柔らかい」や「緩い」と表現します)ほうがシャトルを加え込んだ勢いも使うことができたり、スイートスポットから少しずれて当たっても遠くまで飛ばしやすいです。

しかし、シャトルを加え込んでしまう(はじきが悪い)時間があるため、相手コートにシャトルが届くまでに時間が掛かってしまうことが大きなデメリットです。

逆にテンションが高い(一般的に「硬い」と表現します)と女性や年齢が低い方など力が弱い方だったり、スイートスポットにうまく当てることができない初心者の方の場合、シャトルを遠くまで飛ばすことが難しくなったり、負荷がかかるため手首や方を痛めやすくなることがデメリットになります。

メリットは、シャトルを加え込まないため、ラケットに当たった瞬間に反発して(はじきが良い)相手コートにシャトルが届くまでの時間が短くなります。

相手コートにシャトルが届くまでの時間がそんなに大事なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

バドミントンは、当然ながら相手コートにシャトルを先に落とす(決める)とポイントを奪うことができます。

相手コートにシャトルを先に落とすためには相手がシャトルを打ってから次に相手がシャトルを打つまでの時間が短かければ短いほど確率が高くなります。

そのためには速いショットを打つことが1番大事と思う方も多いかもしれませんが、それと同じ効果が期待できることがあります。

それはシャトルがネットを超えてきてからなるべく早くシャトルに触ること、そしてテンションを高くしたラケットで打つことです。

そうすることによってシャトルを早く相手コートに送ることができます。

バドミントンのラリーはとても高速ですからほんの一瞬の差が勝負を決める大きな分かれ目になります。

このような理由でトップ選手は打った瞬間に金属音がするようなめちゃくちゃ高いポンド数でガットを張っているのです。

ガットのテンションが低いときと高いときを同じタイミングで同じ打ち方をした場合、相手コートにシャトルが届くまでの時間の違いはコンマ何秒の違いしかありませんが、それがバドミントンでは重要になってくるのです。



ガットのテンション選びの考え方

基本的な考え方

基本的には、先ほどお伝えした通り、ガットのテンションが低ければシャトルを飛ばしやすく(もちろんガットを通しただけでは飛びませんが)テンションが高いとシャトルを飛ばしにくくなります。

そのため、初心者の間は最初はテンションを低めにしておいて、スイートスポットにしっかりと当てることができて簡単に遠くまでシャトルを飛ばせるようになったら徐々にテンションを上げていくことをオススメします。

ラケットを考慮した考え方

シャフトの硬さとガットのテンションの関係

ラケットのシャフトの硬さによって先ほどの考え方に加えてこちらを知っておくと良いです。

このラケット.jpをご覧いただいて初めてラケットを選んでいただいた方はシャフトが柔らかいラケットをお使いだと思います。

ガットのテンションが低いほうがシャトルを飛ばしやすいことは説明しましたが、ラケットのシャフトが柔らかいと更にシャトルを飛ばしやすくなります。

ちなみにシャフトの硬さによる特徴はこちらの「【永久保存版】バドミントンラケットを選ぶときのポイント8選!失敗しないラケットの選び方!」でご紹介していますのでこちらもご覧ください。

初心者の方はシャフトが柔らかくてガットのテンションも低いほうがシャトルを遠くまで飛ばせるということでこちらをオススメします。

ただ、シャフトが柔らかく、テンションも低い場合、バドミントンのレベルが上がってきた場合、初心者向けすぎて逆にコントロールしづらくなったり、早いラリーに対応できなくなってしまいます。

そこでテンションを上げていくことで初心者向けの柔らかいラケットでも中級者用のセッティングにすることができます。

また、最初にトッププレイヤーが使用しているようなシャフトが硬いラケットを買ってしまった場合、ガットのテンションまで高くしてしまうと上級者向けのセッティングになってしまい、シャトルを全然飛ばせなかったり、コントロールできないということが起きてしまいます。

そんなときに初心者向けのラケットを更に購入するのもいいのですが、できれば最初に購入したラケットをそのまま使いたいですよね。

そういう時はガットのテンションを低くすることによってかなりかなり使い勝手が変わるのでそれで頑張って練習するというのが良いでしょう。



トッププレイヤーのような音を出すには?

打球音

YouTubeなどでは、世界のトッププレイヤーの試合を見ることができますが、そのときの打球音を聞いていると本当に金属でシャトルを打っているような音に憧れませんか?

私も高校生のときは憧れのトッププレイヤーのような打球音が出したくて無理にガットのテンションを上げていたものです。(そしてラケットを陥没させていました…)

打球音が良いとプレーしていてもとても気持ち良いですし、とてもカッコイイですよね!

当然、スキルが違う一般プレイヤーが完全にトッププレイヤーとまったく同じ打球音にすることはできませんが、ガット次第でその音に近づけることはできます。

それはなるべく細いゲージのガットを使うということです。

例えば、以前は日本ユニシスの監督を務めていた阿部秀夫さんが代表を務める株式会社KIZUNAジャパンが出しているZ58プレミアムというガットは太さが0.58mmとバドミントン界で最も細いガットとなっており、こちらを使うことでテンションは低くてもカッコイイ打球音を出すことが可能です。



ラケット.jpがオススメするガットのテンションは21ポンド~

ガットのテンション

ラケット.jpでは、初心者の方は21~22ポンド程度にすることをオススメします。

この数値は他のサイトなどに比べると少し高いと思います。(他では18~となっていることが多いです)

なぜ少し高めをオススメするかといいますとガットは張ってから時間が経つと必ず緩くなってきます。

上手い人が張ると緩みにくくなりますが、それでも必ず緩くなってくるものなのです。

また、21~22ポンドというのは初心者にとっては高めと言っても一般的には低いほうの部類になります。

ガットのテンションが低いとそもそもガットは切れにくいですし、初心者は上級者に比べるとシャトルを打つ(インパクトする)力がかなり弱いので更にガットは切れにくくなります。

ガットが切れにくいので更に時間が経ってどんどん緩くなって更に切れにくくなる・・・というループになります。

ガットは緩い(テンションが低い)とシャトルを飛ばしやすいとお伝えしましたが、緩すぎると反発力が無くなって逆に飛ばなくなりますのでそれなりにテンションがかかっていたほうが良いのです。

テンションを高くするとガットは切れやすくなるため「ガットが切れると張り替えにお金がかかるのが嫌!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、部活などで週に3日以上練習しているのに3カ月や半年間もガットが切れていないなんて方はもともとのガットのテンションが低すぎると思いますので早く張り替えることをオススメします。

ガットの張り替えには確かにお金がかかりますが、バドミントンのガットは長くとも1カ月も使っていれば切れるものと思ってテンションも調節していただけると良いです。



最後に

ラケットやガットをどれを使うのかということも当然大切なのですが、どのようなテンションでガットを張るかもとても大切になってきます。

特に最近では体育館に行くとまだまだ実力が伴っていない方がやたらと高テンションでガットを張っているような場合も見ます。

トッププレイヤーは相当なテンション(30ポンドオーバー)でガットを張っているのでそちらに憧れる気持ちももちろん分かります。

ただ、テンションが高すぎたり、逆に低すぎるとあなたの実力に合っていない場合、最高のパフォーマンスをすることができなくなってしまいます。

気持ちよくバドミントンをしていてもそのせいで試合に負けてしまっては本末転倒ですね。

ぜひご自身に合った適正テンションでガットを張ってどんどん上達してください。

また、ガットの選び方についてはこちらの「超重要なガットの種類について解説!ラケット同様にしっかり選びましょう!」でご紹介していますのでぜひご覧ください。

 

ラケット.jpではインスタグラムでもさまざまな情報を発信していきますのでぜひフォローください。

ラケット.jp 公式Instagram

コメント

タイトルとURLをコピーしました